本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

(GAKURINSHA−NEWS)書き言葉の獲得 文/北岡 響

 2018年は教育分野にとって、2020年の学習指導要領改訂に伴う、教科書、カリキュラム、改訂、そして、文部科学省が学習教育の根幹にあげる「表現力」の育成に対して、どう現場で対応していくのかが大きな課題になります。
 私はこの数年「書き言葉の獲得」が「表現力」につながっていくと言うことを伝えてきました。そのため、「書き言葉の獲得」に必要な「読解力」「要約力」「思考力」「記述力」などを身につけるための教材(成長する思考力GTシリーズ)を提案してきました。「読む・考える・要約する・書く」といった学習は表現力を養うための基礎=土台といえます。この土台なしには、人の心に伝わる表現力は身につけられません。そして、母語である日本語の表現力が豊かにならなければ英語の表現力が豊かになるとは私は思いません。英語を母語として学習していくのであれば話は別ですが、どの国においても母語が“核”となって表現力が豊かになる位置づけは変わらないはずです。

 2020年の学習指導要領改訂によって、小学校にも英語教育が本格的に導入されます。グローバルな世界において、英語力は必須です。しかし、学校で行われるカリキュラムだけでは、第二言語の言葉として自由に表現できるまでのレベルに達することは困難です。文部科学省が求める英語表現力のレベルとは、一体どのレベルなのでしょうか。私が現段階において、アメリカの教科書と日本の英語教科書を分析した結果は下記になります。

アメリカの小学校1〜3年生国語教科書=日本の中学校英語教科書

アメリカの小学校4〜6年生国語教科書=日本の高校英語教科書

 アメリカの小学校4〜6年生国語教科書をスムーズに読解できれば、英検2級以上の英語力があると私は考えています。こういった現状を踏まえて文部科学省は「アメリカの小学校高学年〜中学校レベル」の英語表現力を目指しているのではないかと想定しています。(もっと、高いレベルを想定しているかもしれませんが・・・・)
 英語表現力の獲得を目指すのであれば、母語である日本語と同様に「書き言葉の獲得」が重要になります。どうしても、私たち日本人は「自由に聴けて、話せる」ことに憧れを抱きますが、インターネット、SNSの普及により、読む、書く、表現することが仕事の現場においては重要視されています。そして、英語を日本語に訳して考えるのではなく、英語は英語で考え、表現することが、英語表現力を身につける近道でもあります。そのため、必要な教材は「すべて英語表記のアメリカの子供たちが使っている英語教材、教科書」です。個々の英語力に合わせて、英語で読む、考え、要約、書くことをはじめることが必要です。そして、母語である日本語の表現力が高まれば、第二言語の英語の表現力にも良い影響を及ぼすことは、翻訳家の人たちの仕事を見ればよくわかります。彼らの英語力、日本語力の表現力は素晴らしいです。

 「書き言葉の獲得」が日本語、英語の表現力を育てる土台になります。その土台を築くために、「読解力」「要約力」「思考力」「記述力」などの学習が必要なのです。