2020.03.31

数学単元別について

 学林舎では、教材に関するご質問に対して、メールなどで対応させていただいております。

 今回、数学単元別の使い方に関してご質問を受けましたので、数学単元別の位置づけなどを紹介させていただきます。

数学単元別

(質問内容)生徒に指導をしています。自学形式の問題集である数学単元別を使って、先取りや復習をかんがえていますが、どのように使えばいいのか、アドバイスいただければと思います。

数学単元別 正負の数

数学単元別 正負の数

数学単元別 正負の数

数学単元別 正負の数

(質問対応)先生がおっしゃるように使い方としては、自学形式の問題集、学習教材ですので先行・復習の視点でご利用がいいと思います。中学3年生にとって、苦手な単元の理解を深めるために使うと効果的な場合があります。数学単元別は、学林舎教材のはじまりの教材です。子どもが読み解くことを主体においた教材のため、教材を超えた教材といわれるほど皆様方から評価を得ています。
 この数学単元別テキストは、個人別学習の教材としてスタートしましたが、先生の授業をより理解するための予習教材として、使われたことから多くの学習現場で利用されるようになりました。そのことにより、多くの学習現場の数学レベルを底上げされました。

数学単元別テキストを使った<指導のポイント>

1.学習指導を主軸に展開する。

2.子どもたちがつまずくところは、ある程度共通しているはずだから、ここの指導に重点をおく。

3.できるだけ、基本パターンを細分化し、1つのパターンを説明したら次のパターンに進まず、先にそのパターンの演習をさせておく。先生にとって小さなパターン差も、子どもにとっては大きな場合が多い。

4.各指導のまとめテスト、確認テストは、できるだけその授業の最後か、次の授業のはじめに実施する。

5.テストは、できなかったところ、間違えたところを必ず個別にフォローする。

 

数学単元別 正負の数

 

数学単元別 正負の数

 数学単元別は中学数学を学習するための“柱”であり、先生方の指導をより効果的にサポートする“教材”であると学林舎は考えています。